大阪の住之江区で太陽光発電システムの導入を考えたのですが、助成金がないことで断念しました。
大阪付からも住之江区からも助成金の制度がないのです。
これは厳しいですね。
残るのは国からの助成金だけです。
国からは1kwhあたり30000円~35000円の助成金がありますが、それでおしまいです。
他県の多くでは、県からの助成金と市町村からの助成金の両方があり、合わせると150000円から200000円近い助成金が出ます。
大阪でなかなか太陽光発電が普及しないのも、助成金がないということが関係しているのかもしれませんね。
大阪は財政難というのが背景としてあるのでしょう。
何かど話題になる橋下市長ですが、太陽光発電導入への助成金は「砂漠に水をまくようなもの」と言って、大阪市では廃止を決めてしまいました。
ただ、大阪の中でも助成金を出している市が4市あります。
それは岸和田市、堺市、泉大津市、茨木市です。
その中でも際立っているのが堺市です。
なんと1kwhあたり7万円もの助成金を出してくれるのです。
これは大阪府が助成金を出さない分を、市が出そうということなのかもしれませんね。
このように、同じ日本でも自治体によって太陽光発電の導入に力を入れているところと、そうではないところがあることがわかります。
不公平感を感じる部分でもありますが、助成金が出なくても実際に太陽光発電を導入すれば、その分をすぐに取り戻せますので、あまり気にしないことですね。